アメリカ国際結婚 - アメリカ人男性、外国人男性との出会いと結婚の情報 Kaiwa-USA

遠距離恋愛
国際結婚 相談
101 W Chesapeake Ave.#10164 Towson, MD 21286
国際結婚
  ホーム Kaiwa-USAについて 登録男性 国際結婚のブログ 国際結婚のリンク よくある質問とサポート お問い合わせ メンバーログイン
 
ニュースレター
 
 
Vol. 189
男性はおしゃれなほうがいい?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Kaiwa-USAのメインブログ
アメブロに引っ越しました。

Kaiwa-USA最新情報を受取るには
フェースブックページでフォローください。
https://www.facebook.com/KaiwaUSA


ニューヨークで無料コンサル

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

年収3000万円以上
IT系勤務の外国人男性
とのミーティング。


ミーティング後のフィードバックで
女性から
『ごめんなさい。交際はお断りします。』


理由を伺うと


初めてのミーティングに現れた男性のファッションが
あまりにも野暮ったかったから。


最初の印象があまりよくなかったので
ミーティングでの会話も
彼のネガティブな部分ばかりが気になってしまい


自分には合わないかな。
と、思ってしまいました。

とのこと。


んー、残念ですが
女性がそのように感じるのは
彼に原因があるのでしょうね。


初めてのミーティングって
女性は気合を入れて
ドキドキしながら臨むわけです。


お洋服、何を着て行こうかと悩んだり
メークもバッチリ時間をかけたり・・・


だから、男性が


ジーンズにくしゃくしゃのTシャツとか
汚れたテニスシューズとか
スーパーのビニール袋とか持って
ミーティングに現れると


ほんとに、がっかりしちゃいますよね。
(実際、無頓着な男性って多いです。)


男性側には、ミーティングのアドバイスとして
タキシードは必要ないですが
ビジネスカジュアルでお願いします。
と、伝えているのですが


ファッションの感覚というのは個人差もあり


外国人男性だからといって
全員、見た目はかっこいいはず。
というのは日本人女性の妄想に過ぎず


初めてのミーティングで
女性ががっかりしてしまうケースというのは
結構多いです。


でもね。


だからといって
見た目だけで断っちゃっていいんですか?
というのが、今回のお話。


そもそも、年収3000万以上
IT系の男性って


ファッションについて考える時間もないくらい
仕事に集中していることが多い。


定期購読している雑誌は
おそらく、お仕事関連の専門誌。


ファッション雑誌なんて
手に取ることは無いんじゃないかな。


アイロンがかかっていない
しわくちゃのシャツを着ていたんです。
- 女性のフィードバック。


シャツにアイロンをかける時間もないから
自分のためにアイロンかけをしてくれる
優しいお嫁さんを探しているのかも?


こういうタイプの男性って
デートをする時間さえもないくらい忙しいわけだから


ファッションに無頓着なだけでなく


女性が喜びそうな
トレンディーなレストランを熟していたり


女性がしびれるような
殺し文句を使いこなす


なんていうワザはそもそも無い。


裏を返せば


遊びなれていないから
女性に対して不器用ではあるけれども


一旦好きになった女性に対しては
命がけで守ってくれる可能性が高い。


そして、野暮ったい男性ほど
他の女性からは相手にされ難いので
浮気の心配も少ない。


と、ポジティブにとらえることもできます。


そして、究極


それでも、
女性がおしゃれな男性を
結婚の必須条件とするのであれば


あなたが、ファッションコーディネイターに
なってあげることだってできるはずなんです。


お金があって時間がない男性は
自分のお洋服を買いに行くのも面倒くさいし


どんなお洋服を選べばよいのかなんて
わからないから、
ユニクロみたいなところで
スタンダードで無難なものを
選んだりするんですよね。


機会があれば


一緒にお買い物に行ってお洋服を選んであげるとか
誕生日やクリスマスに
ちょっとデザインの凝ったシャツをプレゼントするとか


あなたが、あなた好みの
男性を創造し、育てることもできる。


男性のパーソナリティーをあなたが変えることはできませんが
男性の外見を素敵にコーディネイトしてあげることは
それほどハードルは高くないはずです。


いつもと違う、おしゃれなシャツをプレゼントされたら
男性も、選ぶ洋服によって変化した
新たな自分の魅力を発見し
あなたの美的センスに惚れるでしょう。


それでも、
おしゃれに無頓着な男性はNGです。
という方


じゃぁ、

 

とびきりおしゃれな男性で
年収、300万円だとしたらOKなんですか?


あるいは

 

年収は多くて、それはそれはおしゃれで
高級ブランドに毎月100万円散財する
みたいな男性だったらどうでしょう?


そうなると
自分とのバランスも考えないといけない。


日本のタレントさんの写真を送ってきて
こういう女性を紹介してね。
っていう、外国人もいらっしゃる。


女性に対しても常に高い美意識を保つことを
要求するような男性と一緒に毎日を過ごすのは
疲れませんか?


もちろん、おしゃれが
自分のライフスタイルの絶対条件ならば
妥協する必要はないのかもしれませんが


わたしたちの提案する幸せって、
そこではないんですね。


年収3000万円もあって
優しい男性であれば
多少、ファッションに無頓着であっても
いいではないですか?


その男性には
おしゃれに意識を向けてこなかった分
なにか、別の部分で
才能を秘めているかもしれませんし

 

派手さはなくても
誠実さがあれば、
あなたが幸せな結婚生活を一緒に築ける
可能性は高いのです。


なので、


第一印象で
『あーぁー、ファッションがダメダメじゃん。』
と、思ったとしても


少し、時間をかけて
彼の良いところをよーく観察し
たくさん発見してあげて欲しいのです。


『見た目もファッションも普通であればいいわ。
優しい男性を紹介してください!』

 

と、おっしゃる女性はチャンスも多いので
是非、ご相談くださいね!

松本直子

 

 

【編集後記】

今日のテーマを留奈さんと話したときに
留奈さんのご主人は交際中、(今も?)
おしゃれに、全く無頓着だった。
という話になり


そのエピソードがめちゃ、おもしろかったので
(大笑いしてしまいました〜!!)

 

今度、留奈さんご本人の口から
みなさまにシェアしてもらおうかと思っています。


え〜、

 

じゃぁ、うちはというと
出会ったときからエコで草食系

 

当時、カリフォルニアに住んでいたもので
洗いざらしのシャツ
(本人曰く、高校生の時に買ったシャツを未だに着用)

 

ちなみに、オットとのデートはこんな感じ。
http://ameblo.jp/kaiwa-usa/entry-11606127553.html

 

麦藁帽子とか、ありえないでしょ?

 

今でも、古くて穴の開いたシャツを着ていたりするので
私がそーっと捨てると、拾ってきて
『まだ、着れるじゃないか!』と、怒りだす。

 

スーツを着てるのも見たこと無いし。
(結婚式が最後だったかな。)


買い物に行くときも
シャビーなエコバック。
エコって、言い方変えると貧乏臭いんだなー。(笑)


でも

 

Sustainableに生きるっているのが
彼の良さであって信念でもあるから
もう、あれこれ言うのを辞めました。(笑)


西海岸やハワイなんて
年中暖かいから
短パンにビーチサンダルが普通だし
おしゃれとは程遠い男性も多く存在します。


外国人男性におしゃれを求めるのは酷という意見も
海外在住年数が長い女性からは多数聞きますね。

 

本当におしゃれな男性を求めるなら
日本人男性の方が断然ハイレベルなのです。


と、いうわけで


男性はおしゃれじゃなくては絶対にNG
という女性は

 

その条件を優先順位の上位に設定すると
自ら、お相手選びのハードルを高く上げる結果となるので


とりあえず、おしゃれ云々は置いておいて

 

まず、会ってみて
会話をしてみて
男性のパーソナリティーを感じてみて

 

優しい人だったら
駒を前に進めてみる。


そして、外見云々は
後から、改造するお手伝いを
申し出て、試みる。

 

という方法を検討してみるのはどうかな。

みなさまに素晴らしい出会いがありますように。

 

松本直子
国際結婚の幸せプロデューサー

国際結婚 松本直子

松本直子★国際結婚の幸せプロデューサー
国際結婚のブログ

松本直子のフェースブック
松本直子のツイッター

 
国際結婚アメリカ 無料相談 ニューヨーク
国際結婚 傾向と対策 セミナー
 

アメリカ州別ランキング



国際結婚アメリカお役立ち情報

国際結婚 アメリカ
Copyright (c) 1999- 2015 国際結婚アメリカ会話倶楽部 ・ Kaiwa-USA All Rights Reserved.
松本直子 国際結婚の幸せプロデューサーのメルマガ